スマホからボタン1つで印刷完了!
RPAによる印刷手順の簡略化で脱・属人化!

undraw_photocopy_gj0t

切手・レターパックの使用管理表や、後納郵便差出票など、社内全体で使用する書類を、総務部で管理・補充しています。
書類の印刷にはそれほど時間はかかりませんが、できるだけ手間を省き、さらなる業務効率化を目指したいです。
また、業務の属人化を避ける目的でも、誰でも簡単に印刷や補充ができるよう改善したいです。

エクスプローラー内のフォルダから印刷する資料を探し、枚数を指定して印刷する業務を約1分→20秒(/1回)に時短することができました。
印刷する資料の種類が多ければ多いほど、さらなる効率化が期待できます。

共用のタブレット端末でPower Automateのアプリを開きます。
印刷したい資料とその枚数を入力し、完了ボタンを押すだけで印刷が完了します。
共用タブレットのため、資料が保存されているフォルダの閲覧権限に関係なく、誰でも必要なときに印刷が可能になりました。
また、タブレットからRPAを起動させられるため、資料の残数を確認し、その場で印刷を行うことも可能になりました。

undraw_drag_5i9w

本RPAの作成目的や導入効果、実際の流れについて、2分半の動画でまとめました。

弊社は日々トライ&エラーを繰り返し、より効率的なRPAの活用方法を模索しています。
社内のDX化を進めている方、RPAの使い方に悩んでいる方など、お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

合わせて読みたい記事

© 2021 会計・経理・税理士事務所の業務効率化はRPA「Power Automate」