HPのお問い合わせ情報を0分で自動管理!
お客様情報の転記・管理RPAをご紹介

ホームページのお問い合わせフォームから、お問い合わせや資料請求があった際、管理者に送信内容がメールで通知されます。
進捗管理が必要なお問い合わせ内容の場合は、スプレッドシートに氏名やメールアドレス等の情報を転記し、管理しています。
さらに、希望者にはメールマガジンを配信するため、メール配信システムへお客様情報を登録しています。
お問い合わせがあるたびに、いろいろなツールにお問い合わせ情報を転記するのが手間です。
また、作業を忘れてしまうこともあります。

お問い合わせがあるたびに作業を行う必要がなくなり、約5分→0分(/1回)と手間が省けました。
また、作業を忘れることもなくなりました。


お問い合わせがあった際に管理者に届く通知メールをトリガーに、RPAが自動で稼働します。
メールに記載のお客様情報から、必要な部分だけを抽出してスプレッドシートへ転記します。
さらに、メール配信システムにも登録してくれます。
メール配信システムへの登録の際、お客様の登録情報が新規か、過去に登録済みなのかを判断し、管理者へ登録処理結果をメールでお知らせしてくれます。

実際にRPAが稼働している様子を動画にしました。
すべての処理をRPAが自動で行っており、人の手はいっさい使っておりません。

いかがでしたでしょうか?
実際に稼働している動画を見ることで、RPAへの理解や興味が深まれば幸いです。

弊社は日々トライ&エラーを繰り返し、より効率的なRPAの活用方法を模索しています。
社内のDX化を進めている方、RPAの使い方に悩んでいる方など、お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

合わせて読みたい記事

PAGE TOP