資料ダウンロードの件数カウントを
PowerAutomateで自動化!
マーケティングの技術が向上

ホームページに数種類のダウンロード資料があります。
HPから資料のダウンロードがあった際、請求者情報はExcelに転記して管理していますが、前月1ヶ月で何件の資料ダウンロードがあったか、トータルの件数も知りたいです。
どのような記事を書くとダウンロード数が増えるかということを判断するために、ダウンロード件数をマーケティング担当者に早く共有する為です。

それによってマーケティングの技術が向上します。

毎月1回、資料ダウンロード件数をカウントし、担当者へメールで共有する業務を、5分→0分(/1回)に時短することができました。

毎月1日が来ると、RPAが自動で起動します。
Excelにまとめた請求者情報の中から、日付が先月に該当するものだけをRPAが自動でカウントし、関係者へ各資料のダウンロード件数が記載されたメールを送ります。
毎月件数をカウントし、メールを送る手間がなくなっただけでなく、作業忘れや連絡忘れ等の人的ミスの可能性がなくなり、ストレスが解消されました。

担当者はどのような記事を書くとダウンロード数が増えるかということを適宜判断しながら記事の内容を考えることが出来るようになり、マーケティングの力が向上しました。

 

作成目的や導入効果等を、動画で分かりやすく解説します。

弊社は日々トライ&エラーを繰り返し、より効率的なRPAの活用方法を模索しています。
社内のDX化を進めている方、RPAの使い方に悩んでいる方など、お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

合わせて読みたい記事

© 2022 会計・経理・税理士事務所の業務効率化事例集(RPA「Power Automate」)
PAGE TOP